元気な地域!五ヶ瀬町鞍岡の情報発信サイトへようこそ!

五ヶ瀬町鞍岡地区川崎の滝!水が流れていなくとも想像しろ、幻の滝を!

ハイジ
ハイジ
私出るの久しぶりだっちゃ
最近ディレクターがサボってるんですわ!
今回は幻の滝?水が流れていない滝?なんだかわからないですわ!
クララ
クララ

 

2021年8月、1本の電話がごかせ観光協会に入ったそうだ。

「川崎の滝というのはどこですか?」。

 

観光協会から「くらおかくらら」に相談があり、地元の方に聞いてみた。

川崎とは「かわさき」ではなく、「こうざき」や「こうぜき」と読むらしい。

そんな地域がこの鞍岡にあるらしいが、「川崎の滝」というのは、誰も知らないという。

 

そもそも何故「川崎の滝」という滝の問い合わせが入ったのか?

どうもかなり古い看板がどこかに立っているらしい。

世の中には「〇〇マニア」という方がたくさんいるが、今回は「滝マニア」の方からの問い合わせだった。

マニアの問い合わせとはいえ、鞍岡地区にあるという滝なのに「知らない」では済まされない!

 

観光協会のスタッフ、ちょうど村留学にきていた学生と、自然学校のスタッフを連れて、そのあたりに向かった。

「この辺が川崎ですけどね~」と困る観光協会スタッフ。

ちょうどそのあたりに、筆者の大好きな町唯一のカラオケスナック「ふるさと」がある。

ママのハルコさんはもちろん仲良し。

 

大好きなふるさとのハルコさん♪

 

ハルコさんに場所を聞くと、なんと一発で分かった!

ハルコさんが小さなころに遊んでいたという場所だった。

だが今は水が流れておらず、杉の木が植えられて、道路からも見えなくなっているらしい。

 

教えてもらった場所は「ふるさと」から300メートルほど国道を熊本側へ下った場所。

「ひとつたなばし」という橋の手前左側。

未舗装の小道から川の方へと歩いていける。

 

そこから川の方へ歩いて進むと、あった!

岩肌むき出しの崖。

ここがハルコママに教えてもらった「川崎の滝」と呼ばれていた場所だ。

 

今では水が流れていないが、なんとなく滝の面影は残っている。

今は大きなハチの巣が、気持ちよさげに・・・。

 

国道から入ったこんな穴場スポット。

ほとんど人が入らない場所だけど、しばし川の音を聞きながら、冷たい水と戯れていた。

 

幻の滝ではないが、今は水が流れていない滝。

それでは滝とはいえないけど、あえて「川崎の滝」。

 

教えたくない美しい場所だけど、観光協会か、くらおかくららに問い合わせて頂ければ情報は入るだろう。

五ヶ瀬町鞍岡の川崎の滝(こうざきのたき)(こうぜきのたき)。

最新情報をチェックしよう!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。